ネイルサロンの店長・マネージャー職とは

グループ展開をしている大手サロンには、各店舗に店長、そしてさらに店舗を統括するマネージャーなどの職が用意されています。

一般的な企業の場合、女性が目指すのは難しい役職ですが、女性が主役のネイリスト業界なら、いずれは店長やマネージャーと言うのも夢ではありません。

もちろん、簡単になれるわけではなく、人一倍の努力、技術力が必要となり、さらに店長やマネージャーとなった瞬間から大きな責任が生まれます。

自分の仕事で、一緒に働くスタッフの給料や居心地の良さが大きく変化する仕事です。

ネイリストとして骨をうずめたい!

仕事にやりがいや充実感を求めている!

それなら、是非目指していきたいあこがれの地位です。


店長やマネージャーになると給料はどうなるの?

ネイル業界の場合、店長以上のクラスになると一気に収入が跳ね上がるサロンが多いようです。

初任給は一般的な企業と変わらないネイリストですが、重要な職に就くことで、サロンとの信頼関係が結ばれ、月収にして30万~50万円の高収入が約束されるでしょう。

店長やマネージャーになるためには優れた資格を求められる場合があります。

最初からいずれは店長として働きたい!という夢があるのでしたら、難易度の高い資格試験に合格しておくと良いでしょう。